pcos ピニトール サプリ

pcos ピニトール サプリ

 

 

若い女性に増えている!多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)ってどんなもの?

 

 

若い女性が、なかなか妊娠しないということで婦人科を受診する場合、排卵障害として一番頻度が高いのが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)です。

 

最近では芸能人でも…「実は多嚢胞性卵巣症候群だったんです!」と、告白する人も増えてきましたよね。

 

先日出産した釈由美子さんも、PCOSを患っていたそうです。

 

実はわたしたちが思っている以上に、PCOSで悩んでいる女性は多いということですね。

 

でも、最近名前は良く聞くけれど、実際にどんな症状が出てくるのかわからない…。

 

そんな人も多いのではないでしょうか?

 

また逆に、生理不順で毎月きちんと排卵しているのか不安…という人もいるでしょう。

 

そこで今回は、若い女性を中心に増えつつあるPCOSについて、わたしの体験談や基礎知識などをご紹介します。

 

 

わたしのPCOS体験談

 

 

実はわたしも、会社勤めにより毎日ストレスフルな生活をしていました…。

 

すると順調だった生理周期が急に乱れ始め、2ヶ月生理が飛んでしまうことがありました。

 

さすがにマズイかな、と思い婦人科で超音波検査や血液検査をしてみると…。

 

超音波検査では見事に、卵巣内にポコポコと小さく未熟で、排卵できなかった卵子が見えていました。

 

ネックレスサイン(詳しくは後ほど説明します)、というものですね。

 

また、血液検査では男性ホルモン値が高かったのです。

 

わたし自身は毛深くもないし太ってもいないので、この結果にはかなり驚きました。

 

極めつけは、医師に…

 

「このままでは自然妊娠は無理です!排卵誘発剤などで治療をしないと妊娠は難しいでしょう」

 

このように、ハッキリと言われてしまったんですね。

 

雷に頭のてっぺんを打たれたような感覚で、病院では放心状態でしたが…家では号泣していました。

 

今でもこの時のことは、鮮明に覚えています。

 

それほど、「妊娠できない」と言われたことが、わたしの中でショックだったんですね。

 

しかし実際は、仕事を辞めてストレスもなくなって毎日楽しく生活していたら、なんの問題もなく自然妊娠しました。

 

しかも希望して1ヶ月目で妊娠したので、本当に驚きました。

 

あの「妊娠は無理だ」と言い切った医師には多少怒りはありましたが、結果オーライです!

 

その後は、出産後も検診を続けていますが全くPCOSの兆候は見られず、健康そのもの!

 

これからも、こまめな検診を欠かさず受けて、からだの異変にすぐ気付けるようにしていきたいですね。

 

 

芸能人のPCOSも多い!

 

 

最近では、大和田獏さんと岡江久美子さんの娘である大和田美帆さんがPCOSであったと公表していました。

 

医師から妊娠は難しいと言われていたにもかかわらず、無事に2015年第一子を出産しました。

 

また、ちょっと前になりますが、矢沢心さんが魔裟斗さんと結婚して6年経った頃…。

 

ずっと多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)によって不妊治療をおこなっていたことを第一子妊娠時に発表していました。

 

その後は第二子も順調に誕生し、幸せな家庭を築いていらっしゃいます。

 

実はPCOSの妊娠率は低いほうではなく、なんと86.7%という高確率なんですね。

 

これはスウェーデン大学の研究チームが発表した数字ですが、実はこれにはちょっとした落とし穴が…。

 

86.7%というのは「9年間の間に妊娠した確率」ということなんです!

 

こうなると、確かに矢沢心さんも6年の間に妊娠していますから、86.7%の中に入ることになりますね。

 

少し複雑な研究結果ではありますが、若い年齢でPCOSと診断された場合は、ぜひ治療を積極的におこなっていってほしいですね!

 

 

多嚢胞性卵巣(PCO)とは何?

 

 

PCOSというのは、若い女性の20%に見られる排卵障害です。

 

では、どのように排卵しづらい状態になってしまうのか、順番に説明していきます。

 

@卵巣で卵子ができる際に…

 

生理周期の低温期、つまり排卵する前の段階では…

 

卵巣内で卵子のもととなる卵胞が作られて、どんどん成熟して大きくなっていきます。

 

しかしPCOSの場合、卵胞が未熟なまま途中で成長がストップしてしまうのです。

 

A排卵がうまくできない!

 

PCOSの場合、卵胞はだいたい10mmくらいの大きさで、これ以上成長することはありません。

 

それが卵巣内でとどまってしまい、排卵ができない状態になってしまうんですね。

 

このことでいつまでたっても排卵ができない状態となり、エコー検査をするとまるで房のように、未熟な卵胞がつらなって見えるのです。

 

これを「ネックレスサイン」と呼びます。

 

Bどんな症状を引き起こす?

 

PCOSは、様々な症状を引き起こす「症候群」という扱いなので、病気とは言いません。

 

卵巣が充分な機能を果たさないために、生理不順が起こったり不正出血も起こりやすくなるのです。

 

もちろん、排卵がおこなわれないと妊娠もすることができません。

 

PCOSで多くの女性が悩んでいるのは、うまく排卵ができないために妊娠のチャンスを逃してしまうという点です。

 

 

PCOSの特徴とは?

 

 

PCOSには、全員が当てはまるわけではありませんが特徴が主に5つあります。

 

@生理不順や生理が来ないなどの症状がある

 

PCOSになると、卵巣内に未熟な卵胞が排卵できないまま溜まってしまいます。

 

そのため排卵が毎月うまくおこなわれないため、生理が不順になったり、来ても無排卵だったりします。

 

A血液中の男性ホルモン値が高くなる

 

卵胞の中では、卵胞刺激ホルモン(FSH)という男性ホルモンが作られています。

 

そのため卵巣内にFSHが充満し、それが血液中に流れ出すことで、男性ホルモン値が高くなってしまうのです。

 

毛深くなったり、声が低くなるなど、男性的な特徴が出てくる場合もあります。

 

B肥満の場合が多い

 

実は肥満だと体脂肪率が高くなるため、その体脂肪に男性ホルモンと卵胞ホルモンが蓄積していきます。

 

そのためホルモンが過剰にある状態となり、ホルモンをコントロールしている脳の視床下部や下垂体が働きすぎてしまいます。

 

このことから、ホルモンの分泌異常を起こすのです。

 

また肥満による糖尿病になると、インスリン濃度と血糖値が高い状態になります。

 

これはインスリン抵抗性、要は血糖値がなかなか下がらなくなってしまうために、排卵障害を起こしてしまうのです。

 

C過多月経が起こりやすい

 

PCOSは排卵が起こりにくくなるため、黄体ホルモンが分泌異常を起こしている場合が多いのです。

 

黄体ホルモンの分泌が多すぎることで、子宮内膜が厚くなりすぎてしまいます。

 

その厚い子宮内膜が剥がれ落ちるときの経血量は多く、血が止まらないなどの症状がでる場合もあります。(過多月経)

 

D不妊の症状がある

 

PCOSにより排卵がうまくおこらないため、精子が子宮内に入ってきても…。

 

肝心な卵子がない、という状態になってしまうのです。

 

これでは、妊娠が難しくなりますよね。

 

以上の5つが、PCOSの特徴だと言われています。

 

 

まとめ

 

 

今回は、PCOSについての基礎知識やわたしがPCOSだと診断されたときの体験談…。

 

そしてPCOSだった芸能人が無事に出産まで至っている例をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

まずは、PCOSとはどんな排卵障害なのかを詳しく知ってから、きちんと対処できるようにしていきたいですね。

 

芸能人でもPCOSを公表している人が次々と妊娠、出産をしています。

 

その度に勇気をもらって、PCOSでも無事に赤ちゃんを抱くことが叶うかもしれないということを頭に入れておいてくださいね。

 

そして少しでも気になる症状があれば、すぐに婦人科に相談に行きましょう。

 

 

 

クコの実 効能 妊娠